桐ヶ丘中央商店街

▼戦前赤羽台には陸軍の兵器工廠や被服廠があり、赤羽駅から専用線が伸びていたことは鉄道フアンの端くれとして知っていた。戦後、広大な軍用地は団地に生まれ変わり都内でも有数のマンモス団地「桐ヶ丘団地」が誕生した。建設後半世紀経過した今日では団地建物は建て替えが進み真新しくなっているが、商店街だけは昔のままとのことなので訪ねてみた。うだる猛暑の午後、赤羽駅から20分くらい坂道を歩き「桐ヶ丘中央商店街」と記された団地建物の一階部分を通り抜けたところが件の商店街だった。

▼もっとも商店街と言っても思ったより規模は小さく大半はシャッターが閉まったままだった。広場にはためく色あせた万国旗が何とももの哀しい。

▼それでも一軒一軒閉店した店を見て回るといろいろ面白いものが発見できた(琺瑯看板は見つからなかったが)。電器店の色鮮やかな「ナショナルカラーテレビ」「東芝カラーテレビ」のアクリル看板からは3Cとしてカラーテレビがもてはやされた高度成長時代を思い出す。「たばこは心の日曜日」なんてキャッチコピーも懐かしい。全体的に見て昭和40年代前半で時が止まっている感覚だ。

▼(左)カルピスの袖看板がある商店の2階部分は事務所なのか?(右)手前のパン屋は閉店しているがその先の米屋は営業中だった。

▼唯一子供の姿を見かけたのは駄菓子屋さん。遊具や自販機の類も相当年季が入っているが現役。

▼(左)カメラ店(閉店)のアクリル看板、DPEは今や死語?(右)味のある手書きポスターの数々。

▼シャッターが上る、そろそろ開店かな?

▼もはや商店街としては体をなしていないが、ここに封じ込まれた昭和の光景には大いに心惹かれた。この日、自分以外にもカメラを手にした昭和レトロ愛好家(まあ自分もその一人だが)と思しき2組の方が商店街をうろついておられたのにもびっくりした。この先この商店街はどうなるのだろうか、このままの状態がいつまでも続くとは思えないのだが・・・

カテゴリー: 昭和の香り | 2件のコメント

昭和感のある光景3点

▼都会の街中にふと郷愁を感じる光景がある。とりわけ長年の風雪に耐えたような昭和感ある建物に出会たりするとたまらなく心ときめく。

①小田急線大和駅前の純喫茶フロリダ、フロリダなんてネーミングは昭和的、「純喫茶」は今は死語?建物の1階は南店街と言う飲食店街になっていた。通りの先には「大和ミュージック劇場」なる小屋があり今なお現役だ。

▼通りを歩いているととある建物にこんな映画ポスター(もちろん複製)が貼ってあった。

②京王線芦花公園駅歩7分の旧甲州街道に面した木造アーケードの丸美ストア。天井は高く天窓から自然光が柔らかに降り注ぐ。雑司が谷の雑二ストアと同じ構造だが、こちらの方が人通りはあった。もう大半の店はシャッターを下ろしているが、かってはこの地のショッピングセンター的役割を果たしていたのだろう。

③南武線長沼駅前飲食街。南武線高架化、駅前再開発により駅前のごちゃごちゃした建物は一掃されたがこの建物だけは残った。

▼中に入ると昼間と言えども薄暗い、中華屋が営業中だったので、ラーメン500円を食した。

▼もう1軒床屋が営業していた。店舗デザインに昭和の香りがほのかに漂う。

カテゴリー: 昭和の香り | コメントをどうぞ

文字?記号?

▼とある街角の横断歩道の手前に立っていた鉄製ポールに奇妙な文字が貼りついていた。なんだろうと思ってよく見ると文字のようであるが、何かの記号のようでもある。さっそくgoogle lenzをかざしたが文字も画像もヒットせずお手上げだ。落書きやいたずらの類ではなさそうだが、果してこれは何なのか、何を意味するのかとても気になった。

カテゴリー: 東京生活 | コメントをどうぞ

美容院の看板

▼住宅街で見かけた美容院の看板、一見何の変哲もないが「楽しい男女の社交場、お気軽にお出かけください」のコピーがちょっと気にかかる。美容院は社交場なのか?美容室で髪を整える男性も増えているとのことなのだが楽しい出会いを求めて美容院へ出かける人なんているのだろうか?社交場(古い言葉だ)からは着飾った男女が集う会員制のクラブかダンスホールのような場所しか思い浮かばない。

▼ところで(今はどうなっているのか知らないが)かって住んでいた中国北京では美容院と理容院の区別はなかった。男性も女性も美容美髪店に行った。散髪している隣で女性客がパーマをかけているなんて光景も当たり前だった。まあとても「楽しい男女の社交場」なんて雰囲気ではなかったが・・

・中国の美容院は男女の区別なし。安くてサービス満点、最初はびっくりしたがすぐ慣れた。

カテゴリー: 東京生活 | コメントをどうぞ

追浜・夏島貝塚通り商店街

▼京急追浜駅から海側に延びる夏島貝塚通りの両側はアーケード商店街になっており、左手には鷹取山を水源とした鷹取川が暗渠となって流れている。川は途中から明渠となり姿を現す。明渠になったすぐのところに商店街の建物が川の中に張り出している箇所があった。

▼この商店街、表は別に変わった様子はないが

▼裏に回ると川に杭を打ってその上に建物の一部が乗っていることが分かる。スケールは小さいが小倉の旦過市場や津の岩田橋商店街のようなものだ。それにしても戦後の昭和を感じさせるようなこんな風景、よくも首都圏にまだ残っていたものだ。

・川は淀みとてもきれいとは言えない、水量が少ないのは引き潮だったからか。

カテゴリー: 昭和の香り | コメントをどうぞ

気分はバンコク

▼下北沢は小田急地下化により駅前の開発が進んでいるが、先日出かけたついでに井の頭線の高架下にできた商業街に立ち寄ってみた。高架下の商店街と言うと、思い出すのはうねうねと続く薄暗い通りの両側にびっしり小さな店が並んでいた一時代前の神戸元町高架下商店街だが、ここは明るく洗練された商店街で高架下と言うことを忘れさせる。若者でごった返す通路を進むと「曼谷屋台」なる看板が目に留まった。あたりからタイの空気が漂ってくる。

▼名物、鶏肉蓋飯とはカオマンガイ(チキンライス)のこと?40バーツ?

▼タイ文字で書かれた「999タイレストラン、ヤオワラート通り、バンコク」の下には酒の種類が記されている。この店、料理だけでなく酒も出すようだ。ヤオワラート通りはファランポーン駅の北西に広がるチャイナタウンの大通りでこんな店が軒を連ねていた。勝獅啤酒(シンハビール)、象牌啤酒(タイガービール)、紅豹啤酒(レオビール)・・湄公威士忌(メコンウィスキー)まである。ショーウィンドーの料理サンプルはタイ語がメインだが下に小さく日本語も併記されている。

▼何もかもタイそのものなのでバンコクチャイナタウンにある有名店が出店したのかと思っていたが違っていた。店のオーナーはタイ人どころか純粋に日本人で町田出身の方だそうだ。もともとは臨床心理学研究員だったが、辞職して地元町田のタイ料理店で働きはじめその後独立開業したのだとか。タイ語の看板やメニューも雰囲気を出すための小道具だったわけか。それにしてもよくここまでホンモノぽくタイ大衆食堂の雰囲気を再現できたなと感心する。手軽にバンコクに行った気分を味わえるこの店、結構若者には受けるのではないだろうか。

カテゴリー: 東京生活 | コメントをどうぞ

ガビチョウ(画眉鳥)

▼早朝鶴見川沿いの小道を散歩していたら藪の中に雀くらいの大きさの目の周りが白く、まるでメガネをかけたような見たことのない鳥がいた。急いでシャッターを切り、帰宅後google lenzで調べてみると、ガビチョウ(画眉鳥)と分かった。生息地は中国や東南アジアでペット用として輸入されたものの人気がなく、そのうち籠から逃げ出したものが野生化し定着したものとのことだ。そのため環境省の特定外来生物に指定されており、さえずりによる騒音公害や農作物の食害により害鳥として取り扱われているらしい。身近な場所にそんな鳥が生息しているとはちょっとした驚きだった。(知らなかったのは自分だけか?)

▼画眉鳥は日本では害鳥だが、中国では国家二級重点保護野生動物に指定された貴重な鳥、法律で飼育、輸送、販売は禁止されている。とは言え昔から小鳥のさえずりを愛好する文化がある彼の国では今なおこっそりと飼ったり売買したりされているようだ。北京に住んでいたころは公園などで愛好家たちが自慢の愛鳥を入れた鳥かごを持ち寄りのさえずりを楽しんでいる光景をよく見かけた。最近中国のネットに下のような記事が出ていた。「違法に画眉鳥を運んだ男に求刑」~鳥籠に入れた3羽の画眉鳥を貴州省から上海に運ぼうとした男が途中通過した万載県で公安に捕まり、万載県人民法廷で懲役10か月、執行猶予1年、罰金1万元の刑に処せられた。彼は絶滅の危機に瀕した野生動物を危険にさらす犯罪行為を犯したが、罪を認め状況を自白、生態系の回復費1万5千元を積極的に支払う意思を示したため軽い処分となった云々とある。北京を離れて10年になるが、もう小鳥のさえずりを楽しむ光景は見られなくなってきているのだろうか。

▼下は15年前くらい前、重慶の南桐炭鉱で撮影したもの、SYが行き来するヤード手前の民家の軒先につるされた鳥かごにいるのはまさにこの画眉鳥だった。

カテゴリー: 東京生活 | コメントをどうぞ

町田駅のエスカレーター

▼6月11日に放映されたNHKのブラタモリでは「なぜ町田は神奈川県町田市と間違えられるか」をやっていた。番組の冒頭面白おかしく紹介されていたのが、JR町田駅南口のエスカレーターのこと。下りが東京都町田市の管轄、上りが神奈川県相模原市の管轄と言うことは地元の人はほとんど知っている(たぶん)が実生活にはほとんど関係ないので、取り立てて意識することはなかったった。

▼東京都と神奈川県の境はかって武蔵と相模を分けた境川だが、町田駅付近は神奈川県の一部が川の北側に飛び出している。飛地はよくある河川改修の結果、発生したのかと思って今昔マップで古い地図(下は昭和初めころの原町田)をチェックしたが、昔も川の形はさほど変わっておなぜここに境川を越えて神奈川県の飛地ができたかわからない 

▼この飛地がJR町田駅に接しており都県境が階段の中間に引かれたため、こんな奇妙なことになったようだ。

・昭和初めの地図、飛地かどうかの記載はないが横浜線原町田駅(当時)南口付近の境川の形は現在と変わっていない。

▼エスカレーターは階段の左右に設置されている。階段の中間が都県境だが表示はない。

▼エスカレーターを降りたところにヨドバシカメラ町田店がある。地図上では建物は相模原市側に建っている(町田市に部分はごく一部)ようだが、店の住所は町田市になっている。

▼JR町田駅南口の上りエスカレーターは神奈川県相模原市の管轄だ。

▼ところで境川を渡った一帯はつい20年位前までは横浜黄金町と並ぶ神奈川県有数の違法風俗店の集中する地区だった。今でもラブホテルが立ち並び、大型商業施設が林立する健全な?北口町田市側とがらりと雰囲気が異なる。

・境川の対岸(右側)はラブホテル街、最近は普通のマンションも建ってきた。橋を渡った飛地(左)にもラブホテルは数軒ある

▼そういえば先日兵庫県姫路市の網干を訪れた時、ここに四国丸亀藩の飛地があったことを思い出した。網干には丸亀藩の代官所や飛地入口の検問所脇の石橋(境橋)の遺構が残っていた。網干は竜野藩と丸亀藩に分割されており双方の行き来は自由ではなかったようだ。それにしても様々な事情があったにせよ瀬戸内海を隔てた飛地とは何とスケールの大きいいことかと感心した。

・(左)四国丸亀藩の代官所門、(右)四国丸亀藩飛地と竜野藩領を隔てていた石橋

カテゴリー: 東京生活 | コメントをどうぞ

網干

▼飾磨から山陽電車の支線で網干に向かう。網干は揖保川河口に広がる港町で姫路の一部だが戦災に合わなかったため古い街並みが残っているらしい。かってここから新宮町まで播電鉄道と言う標準軌の私鉄が出ていたことは鉄道ファンのとして知っていたが、廃線巡りは趣味ではない。山電網干駅から左にカーブして港へ続く道が廃線跡だったことも帰宅後今昔マップをチェックして分った。

▼播電鉄道に関してはサンテレビで4月に放映された市政番組「姫路のひろば」で紹介されている。手元のJTBキャンブックス宮脇俊三著「鉄道廃線跡を歩くⅤ」には旧網干港駅は○○カメラ店の脇にあった云々とあるが、○○カメラ店はどうも見た記憶はない。本の刊行が1998年なのすでに廃業していても不思議ではないのだが。

・サンテレビの「姫路のひろば」はyoutubeにUPされていた

▼ところで播電鉄道の網干港駅があった場所を紹介する場面の背後に映っているビルの横にある木造建物が気になる。いかにも昭和的な大衆食堂なので立ち寄ってみたいところだが昼飯は飾磨で済ませたのでパスした。

▼くすんだ街並み、路地に入るとところどころ改修されてはいるが趣のある木造家屋が立ち並んでいる。

▼次第に雲行きが怪しくなり小雨がぱらついてきた。赤煉瓦の立派な建物は網干のランドマーク旧網干銀行、銀行の前の通りはメインストリート橋本町商店街、かってはアーケード屋根が架かり賑やかだった商店街は寂れ閑古鳥が鳴いている。

・下は「あぼし百年祭」のパンフレットに載っていた戦前の網干銀行の写真

▼通りに面したファサードの意匠が素晴らしい看板建築の金井時計店(現在はカナイ電器店)

▼通りのはずれ金毘羅神社の鳥居のそばに二階建ての立派な鮮魚店があった。写真を撮っていると店主のおやじさんが「どこから来たの?」と話しかけてきた。来週(6月4日)地元で網干銀行竣工100年を記念して「あぼし百年祭」と言うイベントを大々的に行うそうだ。

・「うちのことが新聞に載ったんだ」と言って見せてもらった1年前の朝日新聞地方版の切り抜き。おやじさんからはいろいろ昔の網干の話を聞かせてもらった。

▼この鮮魚店のすぐ近くに網干銀行頭取で姫路市合併前の揖保郡網干町時代の町長も務めた実業家山本真蔵氏の壮大な邸宅があった。姫路市の都市景観重要建築物に認定されている由。鮮魚店の二階部分は実はこの邸宅にあった平屋を移築したものだとはびっくりだった。

▼網干は予想外に面白かった。見落としたところも多いので再訪したい街だ。

・古い街には赤丸ポストがよく似合う

カテゴリー: 昭和の香り | コメントをどうぞ

飾磨の簡易旅館

▼何かのサイトで飾磨には昭和30年代的風景がまだ残っているとの記事を見た。播但線や姫新線を撮りに姫路までは何度も出かけたことがあるが、飾磨は煙とは関係なかったので立ち寄るのは初めてだ。

▼姫路から山陽電車に乗ると飾磨まで10分足らずだ、駅から港方向へ伸びるかっては多くの人が行きかったに違いない商店街?を歩くと、どことなく昭和を感じさせる渋い街並み現れた。あの姫路にこんな再開発の進んでいないから地区がまだ残っていたとは驚きだった。

▼おやおや簡易旅館(たぶん)の行灯看板に♨マークがついているのはびっくりだった。(ラブホテルが普及する前)同伴専門旅館に♨マークがついていたのは昭和30年代くらいまでではないか?サカサクラゲなんて隠語も今や死語だ。

▼久しぶりに街中の旅館で見た♨マーク、韓国では今なおラブホテルやモーテルのシンボルとして健在だ。下は2011年水仁線の遺構を探しに水原と仁川を訪れた時、水原の街中で撮ったもの。(左)東仁川モーテル(中)モーテルエロス(右)モーテルシャモニーといずれも温泉とは関係ない。この手の施設に♨マークを付ける風習は日本から伝わったに違いない。

カテゴリー: 昭和の香り | コメントをどうぞ